自分が本当にしたい分野の仕事に就職するためには?

仕事探し 就職

仕事探し・就職について解説したウェブサイトです。仕事探し・就職へ関心のある方、もっと知りたい方にぴったりのウェブサイトです。
  • HOME

求人広告で仕事探しをする

仕事探し 就職

求人広告とは、企業が働き手を募集する時に、必要な条件や待遇を記載して新聞や雑誌に載せるものです。
求人広告の種類はたくさんあります。
近年増えているのが、ネットを利用した求人広告です。
多くの人がインターネットを使うようになってきたためです。
求人広告のメリットは、たくさんの人が見て興味があれば、どんな人でも応募できる事です。
日本経済が不況の待っただ中にある中、求人倍率は底ばいが続いています。
情報量の多い求人広告媒体には沢山の求人広告が掲載されており、多くの仕事を探す人が見ています。
会社にとっても、できるだけ希望に沿った人を雇い入れるためには、たくさんの人が応募に来てもらう必要があります。
応募者が少ない時よりも選択肢が広がって、より良い人材を採用できるといった、大きなメリットがあります。
多くの人の目に触れるところに求人広告を出すことは、仕事を探す人にも、人を探す会社にもいいことですが、内容を理解することが大事です。
一般的に月の給与額が表示になっていますが、月あたりの収入以外にも、賞与や昇給、交通費などの諸手当も確認しましょう。
月々の報酬は高いけれど、賞与や昇給がほとんど見込めない職種もあるでしょう。
社会保険に入っているかも、確認しておく必要があるでしょう。
働き始めてからこんなはずじゃなかったという状況にならないよう、求人広告を見る段階で情報はチェックしておきましょう。

求人広告の見方

仕事探し 就職

たくさんの求人広告が、求人雑誌や新聞に掲載されています。
項目のどの部分を確認すべきか、把握できている人は多くはないようです。
はじめて就職活動をする際は、求人広告の中で意味がわからない点も少なからずある事でしょう。
給与の種類についても、月給や日給の他に、日給月給というのもあります。
給料が載っている時は、手取り額なのか、額面なのかでも開きがあるものです。
求人広告に表示している賃金額はたいていの場合、額面で書いてあります。
入社してから予想していた給料よりも随分と低くて困ることが無いようにしましょう。
後々になって問題にならないよう、給料面で確認したいことがあったら入社前に聞いておくことです。
求人広告に社会保険などの記載がない場合は、健康保険や厚生年金に加入していない場合もありますので注意が必要です。
休日に関してもきちんと理解しておきましょう。
求人広告の休日表記には、完全週休2日制と週休2日制がありますが、この2つは同じ意味ではありません。
週休2日制では、大抵が週2日の休みですが、時々は例外的に週1の休みの時もあるという休みの形です。
完全週休2日制になると毎週必ず2日の休みという事なので、同じ事を表しているようですが実は異なった休日制度なのです。
休みや給与については、なかなか聞きづらい事ではありますが、働きはじめてからでは遅いので求人広告の内容を面接の際にきちんと確認する事をおすすめします。

求人広告の待遇について

働き口が決まった人の中には、求人広告から受けた印象と、実際の職場環境との間に差がありすぎたという人もいます。
給与の金額が求人広告よりも、大幅に安いということもよく聞きます。
入社してから3ヶ月は試用期間なので、正規の給料よりも減額されることもあります。
雇用保険や社会保険は正規に採用されなければ加入しないといったケースも見かけます。
税金や保険などを給料から引いた手取りが、求人広告の給料額だと思っていた人もいます。
総支給額から税金や保険などが引かれて後の手取り金額を見て、愕然とした人もいるそうです。
保険や税金の制度についても知識が無ければ、面接の際に聞くこともできません。
報酬がどんな仕組みになっているか、知識を持っておくことです。
給料額がとても高額な求人もあります。
給料の大部分が歩合給になっていて、実際はそれだけ多くの商品を売った場合にそれだけの給料になると言う事もあります。
求人広告の情報だけを鵜呑みにせず、雇用契約書を交わす時には、歩合なのか固定給なのか割合はどれくらいなのかをはっきりとしておかなければなりません。
求人条件として書かれていた給料が、事実とズレていたという事態はあってはいけないことですが、実際問題として、そういう企業は少なくないと言われています。
収入や休日などの労働条件についての質問は、マイナス評価にならないかと心配な面もあります。
退職理由の上位にくる項目でもあるので求人広告の内容を上手に質問できるように、面接時には前もって準備しておく事が大切です。

求人情報と就職活動について

求人情報サイトや、ハローワーク、求人のフリーペーパーなど、求人情報を探せる媒体は、様々なものがあります。
どんな手段で情報を得るかによっても、求人情報の傾向は異なっていますが、手始めに使いやすそうな方法で求人情報を見てみましょう。
求人情報サイトのいいところは、ネットにアクセスできる環境であれば、時間や場所の制限なく、求人情報が閲覧できます。
人材情報会社は、自分がどんな仕事につきたいかや、個人プロフィールを登録しておくと、担当者がおすすめの求人を見つけてくれます。
求人情報誌には、最新の会社の採用情報が掲載されているので、早めに行動することによって、有利に就職活動を進めることが出来ます。
ハローワークには地元の会社の求人情報がたくさん掲載されているので、地域に特化した就職活動をする場合には役に立ちます。
ハローワークでは、仕事を探している人を支援するために、就職セミナーや、履歴書の書き方講座、模擬面接など熱心に行っています。
求人サイトや、人材紹介会社には求人は出していないけれども、無料で求人が出せるハローワークは活用しているという企業もあるようです。
地元の小さい企業は、地元に住んでいて、できれば近所から通ってくることができる人を採用したいと思っていることがあります。
一方、大規模の企業は、有名どころの求人サイトや、人材紹介会社を使って、有用な人材を集めようとしているようです。
人材派遣会社や人材紹介会社の場合はITや医療、看護など、職種や業界に特化している所も多く、より専門的に就職活動をサポートしてくれます。
求人情報を取り扱う場所によって特徴があり、自分の希望する職種や地域によって使い分けることで、より効率よく就職活動が出来るようになります。

障がい者の就職について

障がいを持つ人も就職し社会で問題なく活躍できるように、障がい者の雇用を促進するための法律が制定されています。
事業所ごとの法定雇用率が制定され、一定規模の事業所は、障がい者のための採用枠をもうけなくてはならなくなりました。
年々障がい者を採用する企業は増加しており、障がい者の就職の機会は増加しています。
法定雇用率を守ることは、長引く不景気の影響もあり事業所にとっては厳しいものとなっているようです。
障がい者雇用枠は決して多くないため、一般応募からの就職活動をせざるをえない障がい者も大勢います。
もし障がいを持つ人が就職活動をするのであれば、きちんと自分の障がい内容について企業側に示してとく必要があるでしょう。
多くの場合、必要な配慮と障がいの状況について面接で質問されるといいます。
障がいについての知識や理解は、就職企業によってずいぶんと違います。
面接官や人事担当者はあまり知らないという前提で説明をするといいでしょう。
具体的に説明することが重要なので、下手に何かを隠したりすることはやめましょう。
障がいはあってもこんな挑戦をした、こんな実績を上げたというエピソードを話すことで自己PRにつなげることができます。
たとえ障がい者雇用であっても、自己分析をきちんとして企業側に自分をPRしつつ就職活動に挑戦しましょう。

上肢障がい者の就職

両腕のどこかに不自由な部分がある人のことを上肢障がい者といいますが、少し気を付けなければならないことが就職先を見つける場合にはあるといいます。
両腕は、普段の生活でも使うことが多い部分なので、不便なことはたくさんあります。
上肢障がい者の就職活動も、一般の人と同様にハローワークやインターネットの求人サービスを利用することが基本です。
近ごろ増えてきているのが、障がい者枠での雇用や、障がい者を対象としたネットの求人情報サイトです。
上肢障がい者の場合、パソコンの入力作業などのスピード面ではどうしても不利な面が出てきます。
実際に就職活動する場合に大事なことは、どの程度の自分のスピードがあるか客観的数値として理解しておくことです。
どうしても重い物を運ぶのが、上肢障がい者にとっては困難です。
特にわかりにくい障がいははっきりと伝えることが大事です。
上肢障がい者といっても様々な条件の人がいますので、自分の状況を相手に伝えることができるかどうかは重要です。
積極的に活用するのがおすすめなのは、最近よく利用されている上肢障がいの状況に応じたパソコン操作のための支援機器などです。
就職先を探す際には、家から職場までの距離も重要です。
就職先を探すだけも難しいので、つい妥協してしまいがちです。
就職するのであれば上肢障がい者の場合は自宅と仕事場との距離がなるべく近くのほうが良いのではないでしょうか。

下肢障がい者の就職

通勤手段はクリアされているか会社内の移動に支障はないかという点が、下肢障がい者の就職活動ではポイントになるでしょう。
通勤手段は、自動車通勤が可能かどうかがポイントの一つになります。
都心部よりも郊外型のオフィスのほうが、駐車場が整っていることが多いようです。
就労形態も今ではいろいろあるので、柔軟に時差通勤などにも対応してくれる会社も案外多いといいます。
下肢障がい者で移動が不便でも、時差通勤で通勤ラッシュを避けるといった工夫をする余地は十分にあります。
企業側は会社内の移動については、下肢障がい者をバリアフリーでないことを理由に受け入れられないと考えていることもよくあります。
エレベーター完備のバリアフリー環境でなければ、下肢障がい者の全てが働くことが不可能というわけではないといいます。
車イスを使う人でも、普通の洋式トイレがあればトイレの利用は問題ないという人もいます。
就職活動では障がいの内容を正確に伝えましょう。
最初にこういう施設があれば問題ないということを話すことで、就職のチャンスをつかむこともできるでしょう。
就職のための選考を受ける時には、長時間の立ち仕事はないか、移動の機会は多いかを確認しましょう。
支障が社内のドアの開閉にないかなどもあらかじめ調べておいてから、下肢障がい者の場合就職をしたほうが良いでしょう。

Copyright (C) 2018 自分が本当にしたい分野の仕事に就職するためには? All Rights Reserved.

Page Top