自分が本当にしたい分野の仕事に就職するためには?

新卒 就職

ここに来て聞けない新卒・就職についての知識を配信しているホームページです。このホームページを活用して新卒・就職について詳しくなっておきましょう。
  • HOME

第二新卒で転職する人

新卒 就職

転職サイトやニュースなどで、第二新卒という言葉を聞いたことはありませんか。
第二新卒とは、学校を卒業して一度は就職したものの2、3年程度の短い間のうちに転職を希望する人のことを言います。
どうして、一度は就職活動を成功させているのに、第二新卒として就職先を探しているのでしょう。
理由には、主に以下のようなものがあると言われています。
新卒時の就職活動では、一番なりたかった仕事につくことができず、二番以降の希望先だった企業に就職した人がいます。
なんとなく、とりあえずなどの漠然とした目的で就職先を決定して働いてみたという人も多いようです。
次第に違う業種や異なる業界や企業に就職したいと考えるようになったケースがあるのです。
新卒で就職した際に、そうとは知らずにブラック企業に入社してしまったと気づいたケースなどがあります。
社会人として働いてみなければ、見えてこなかった事実というものもあります。
転職が一般的でなかった時代から見ると、第二新卒者は忍耐力がないと言われてしまったこともあります。
ですが、最近では第二新卒の存在が一般的になっています。
転職サイトに第二新卒という枠が存在することからも、もはや一般的になっていると言えるでしょう。

第二新卒で転職するメリットについて

新卒 就職

企業側から見た第二新卒での転職者のメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
第二新卒よりも長い就業期間を経て転職を希望する中途採用者とは異なります。
少なくとも、第二新卒はまだ即戦力として期待できません。
それでも第二新卒を採用する企業があるのは、それなりの理由があります。
採用する企業のメリットは、短期間で転職する第二新卒は、即戦力にはならないものの、新卒入社した会社で新人研修を受けているため、企業は新人研修にかかる費用と時間を節約することができる点です。
つまり、完全な新人に対して一から十まで教える手間を省きたい企業は、第二新卒を好んで採用するのです。
第二新卒は、通常の中途採用者に比べて若い転職者が多いといえます。
特定の企業文化の影響を強く受けていないため扱いやすいと考えられています。
第二新卒の転職者に対する採用状況はやさしくありません。
求人倍率はかなり高いですし、一つの会社に長く勤められない人と思われることもあります。
精神的未成熟な人材であることを前提として見られることも多いでしょう。
同年齢の新卒者と同じくらいか、それより優れた人材でなければ採用されないという場合もあります。
第二新卒の転職者には精神面での強さを量られることが多いようです。

第二新卒での転職を成功させるためには

第二新卒での転職活動をする際に重要なことは何かをまとめてみました。
企業が第二新卒を採用する理由として、研修費用がかからないということがあります。
つまり、第二新卒を採用するに当たっては、社会人としてのビジネスマナーや言葉づかい、あいさつができていることが基本になります。
第二新卒の採用に限ったことではなく、転職者全般にいえることなのです。
新しいことを知る意欲を持っているかどうかも、採用の鍵を握ります。
新卒、第二新卒、中途採用に限らず、採用は企業にとって投資であることにかわりないからです。
前職から短期間での転職を希望しているということは、採用しても再び早期に退職をしてしまうのではないかと企業側は考えています。
前職を早期に退職した理由を明確に説明できることがポイントです。
また、前の職場で得たことを、これからどう使っていけるかも大事です。
長く活躍していけるのかを採用の担当者に上手に伝えることが、採用されるためには重要なポイントとなります。
入社を希望する動機を語ることだけでなく、会社で働くようになったらどんな働き方で会社にプラスをもたらせるかをしっかり言えるようになりましょう。
第二新卒での転職時には、新卒のとき以上に入社後についてもしっかり述べられることがさらに重要となると考えられます。

新卒の採用について

新卒の採用についてです。
数年はリーマンショックで始まった世界的な不景気から、日本でも不況が続いています。
特に新卒者の就職採用数は平成の就職氷河期といわれているほど厳しい状態。
バブルのころとは大きく違います。
この春大学を卒業する新卒者でも、つきたい仕事に絞っての就職活動をしていると、無事に採用を決めることは非常に困難です。
短大や高卒の場合、就職の採用数はさらに深刻なようです。
会社をやめざるをえなくなった場合の再就職も、難易度は跳ねあがっています。
実際求人情報を見ても、正社員での採用は極端に少ないといいます。
あっても派遣やパート、アルバイトの仕事が大部分を占めているのが現状です。
新卒者の場合は、まず自分の希望する就職先に採用されるよう、人一倍さまざまな努力をしなくてはなりません。
けれども、固い決心があっても欲しいものが手に入らないこともあります。
やはり今の時代は有名大学を卒業するような新卒者ですら、置かれている状況は厳しいのです。
新卒での就職活動を成功させるには、就職先に求める希望は本当にそれでいいのか、難易度は高すぎないか、色々な角度からのアプローチをしてみることも重要です。
新卒でどうしても理想の仕事がある場合は、少しでも採用条件に合うよう自分を磨くことも時には必要です。

Copyright (C) 2018 自分が本当にしたい分野の仕事に就職するためには? All Rights Reserved.

Page Top